FC2ブログ

unputenpu

一役者の気ままな雑記。 何処へ転がりまするやら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

不惑超人


 40年前の今日、日本初の特撮カラー番組『ウルトラマン』の放送が始まった。
 超人が現われない先行作品『ウルトラQ』は、この年の一月二日に始まっているから、今年はウルトラマン40周年であり、ウルトラ・シリーズ40周年でもあることになる。

 芦花公園に程近い世田谷文学館で、一昨日から記念展が始まった。
徳富蘆花はじめ朔太郎、茂吉、横光、乱歩、風太郎、寺山、世田谷所縁の文人は多い。彼らを顕彰する文学館が今回採り上げたウルトラマンは、世田谷生まれ。
 
 特撮映画の神様、円谷英二がこの地に起こしたプロダクションは、TVシリーズ『ウルトラQ』を制作、“毎週新しいゴジラが出てくる”番組は、裏で放映されていた虫プロダクションの『W3』をノック・アウトした。
 半年後、この枠を引き継いだのがウルトラマンだった。

 アニメーション作品、海外版など様々なヴァリエーションを含めて、現在放映中の『ウルトラマンメビウス』が、第16作とされる。
 後続作のレベルはそれぞれだが、40年前に生まれた作品がまだ命脈を保っているのは、観客の保守化なのか、創作力の低下なのか、と疑いたくもなる。


 展示の最初に置かれているのは、四十年前の本日付の円谷英二の日記。
 脚本家たちとブラウン管の前に座った監修者は“仲々の出来”と安堵の感想を記しているが、翌日には別作品のラッシュを見て台本の弱さを引きずってしまったという悔恨の言葉が記される。

 制作資料の展示の裏に、脚本、特撮、デザイン等々々、それぞれの分野のサムライ群像の姿が浮かび上がる。
 第一シリーズ(『Q』『マン』『セブン』をこう呼ぶ)のメイン・ライター金城哲夫も、マンネリに流れずこれまでに無いものを作るという気概をそのノートに記している。いつか傑作は生まれると信じて明日も頑張ろう、と。 

 これだけの想いを傾けたものがそう簡単に滅びっこはない
 
初代

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

こんばんわ

はじめまして。携帯からです。面白い情報ありがとう。

  • 2006/07/19(水) 21:51:55 |
  • URL |
  • みえこ #-
  • [編集]

 はじめまして。
会場では親子連れの会話も面白かったけれど、世田谷区民なのか怪獣には興味のなさそうな若い女性の会話も興味深いものがありました。

  • 2006/07/26(水) 22:59:47 |
  • URL |
  • 家主 #-
  • [編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanji.blog9.fc2.com/tb.php/76-870373f8
このページのトップへ

Search

Information

JAMIRA

Calendar

11月 « 2018年12月 » 01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。