unputenpu

一役者の気ままな雑記。 何処へ転がりまするやら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

猩々の惑星



 一時流行った韓流TVドラマは、大抵吹き替えだった。声を当てている方達には申し訳ないが、韓国映画は観ながらも、TVドラマに嵌らなかった理由の一つは、その吹き替えが嘘っぽく見えてしまったことだった。


 嘗ては二ヶ国語放送すらなく、TVで楽しんだ海外作品はみな吹き替え。『コロンボ』の小池朝雄氏など、本人の声よりも本人らしいと思わせる吹き替えが多々あった。

 『猿の惑星』もその一つ、自分のことを「オイラ」と言う中村メイコ女史のジイラ博士が印象的だった。ところが女史がジイラを演じたのは、たった一回だという。
 猿の惑星第一作の吹き替えは、実は三つあるらしい。続篇とTV局を更えての本編でジイラ博士を演じたのは、『ヤマト』のスターシアでも有名なテアトル・エコー女優故平井道子女史。
 メイコ女史と共に夫コーネリアス博士を演じたのは近石真介氏と思っていたのだが、それはTV局を変えてからのことで、初代コーネリアスは故山田康夫氏。とすると私が思い込んでいたチンパンジー夫婦の組み合わせは存在しない。  


 ジイラたち科学者はチンパンジー、ゴリラは軍人、‘猿の惑星’の真実を隠蔽しようとする政治家ザイウス議長がオランウータンだった。議長の声を当てているのは、初放送では熊倉一雄氏、次の局では大塚周夫氏。
 政治家ザイウス議長は喰えない男だが、なかなかいい味だった。その影響でもあるまいが、幾つかの動物園に通う中、オランウータンはお気に入りのひとりになった。


 嘗ての分類では“ヒト上科オランウータン科”に三種の類人猿は総て含まれていたというが、現在では軍人と科学者はヒト科に移行して、人と別れた時期が早い政治家が自分の科に残されてしまった(彼をもヒト科に分類する説もあり、類人猿学界は百家騒鳴)。
 森の人と呼ばれるオランウータンの生態は、類人猿の中でもズバ抜けて謎に包まれている。個人で生きているものか緩やかな群れを成しているのか、まだまだ森の人は判らない。ヒトと早く枝分かれして別の道を辿った彼等はもしかしたらヒトたちを越えた存在なのかもしれない。


森の人の住むボルネオにはこんな言い伝えがあるという。

彼らは実はヒトの言葉もしゃべれる。が、人語を解することが分ると人間に働かされるから黙っているのだ、と。


手

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanji.blog9.fc2.com/tb.php/52-05cb8a85
このページのトップへ

Search

Information

JAMIRA

Calendar

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。