unputenpu

一役者の気ままな雑記。 何処へ転がりまするやら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

リニューアルー徳山動物園再訪

堂々たるラウル

ゾウ舎の前には
御当地・周南の詩人の『ぞうさん』の詩碑。
マルミミゾウのマリを唄った詩碑もある。

31年在園したマリは、一時マルミミゾウとされたが、のち鑑定の結果サバンナゾウと判明した。
マリが死んで、一年半はゾウ不在だったがスリランカの象孤児院から二頭がやって来た。
今やどの園でも入手困難のゾウ、施設も繁殖向きの条件を未だ備えないが、
徳山に“ぞうさん”は欠かせないとの市民運動の成果だった。
スリランカゾウ

先代はのどかに佇んでいた印象だが、タイヤを追って走りまわる当代は勢いがいい。
ゾウ舎は格子を備えたものに改造されている。

創立56年の動物園。象もキリンも居る、その他も申し分のない陣容。
北極熊は今年30年のベテラン、生後八カ月の三つ子虎のじゃれあう様は圧巻。
三つ子とラウル。初代は太郎とトラ子だったとか。

今日は微動だにせず横になっているが河馬までいる。
各地の動物園が郊外に引っ越した中、市街に近いのも有難い。

 御多聞に漏れず、リニューアル計画が進んでいる。

 北園新造成地のうち取敢えずふれあい動物園だけが完成。
シバヤギが空中散歩する脇に、橋の袂まで登ってみたものの渡れないミニブタが微笑ましい。
当初の計画を修正して、象繁殖のメッカにと、その施設を整備するとの事。
三匹の山羊とミニブタどん

 いかにも“往年のー”という懐かしい佇まいも捨てがたいが、
今後は変わる姿を楽しみに訪れることになる。

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanji.blog9.fc2.com/tb.php/391-77a941fa
このページのトップへ

Search

Information

JAMIRA

Calendar

06月 « 2017年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。