FC2ブログ

unputenpu

一役者の気ままな雑記。 何処へ転がりまするやら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

水都の城

 大垣は何度も訪れ乍ら、ゆっくり市内を歩いた記憶がない。
城の外堀が遺構を遺しているこの街は、市が名乗るように水都と呼ぶに相応しい。
 洪水で決壊した際、コンクリートでなく石積みを以て改修した為に水都の風情が保たれている。
時の国土省大臣が大垣出身だった為だと、芭蕉・木因像の前でボランティアガイドさんから聞いた。

“死”に音通する四重四層の天守閣は、大垣城の他にほぼ類がないという。
終戦半月前の七月末大垣空襲で灰燼に帰したが、それまで関ヶ原戦時の姿を遺した旧国宝であった。
天守に上がっても他の城のように展望台風の回廊はない。窓もかなり小さく見晴らしは良くないが、これが本来の姿。戦後鉄筋で再建されたものを三年前に外観改修したもので、致し方ない。

 石田三成の西軍本陣は、当初ここに籠って家康と対陣、緒戦では成績を収めている。
主力軍が関ヶ原に導かれ敗れて後も、大垣城籠城戦は十日近く続いた。この時の城中を記したのが、『おあむ物語』なのだという。
お菊物語・雑兵物語と共に岩波文庫に納められたものが書架にあるのだが、ちゃんと目を通したことがなかった。帰ったら読もうかと思ったら、今時はネット上に翻刻されたものが只で読める。
ドラマ等では、歴史を俯瞰して島津勢大返しと三成・行長・恵瓊の捕縛で時代の転換を示して終わるのが定法だが、時代の只中に生きる人々にはそんなものではなかったろう。

 関ヶ原の戦はおあむ物語に、「三成 御謀反の時」と記される。徳川治世下では、当然の記述だが、時代の限界ということを思わされる。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanji.blog9.fc2.com/tb.php/375-044fc33f
このページのトップへ

Search

Information

JAMIRA

Calendar

11月 « 2018年12月 » 01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。