FC2ブログ

unputenpu

一役者の気ままな雑記。 何処へ転がりまするやら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

味噌蔵の箍

 八丁味噌蔵通りは矢作川の近く、岡崎城からは870m程。八丁味噌の名は、岡崎城から西八丁―870mの位置で作られたのが由来。
だから、八丁風の味噌ということはあっても、八丁味噌を名乗れるのはこの位置にある二店のみ。東海道を挟んで北側が宮内庁御用達のカクキュー、南が徳川家御用達の“まるや”。規模は小さいが、まるやの方が由緒は古いという。古い味噌蔵には葵の紋入りの瓦が乗る。
 高岡へ移動の貸切バス出発は11時。ホテルから八丁蔵通までは2~30分。
カクキューの見学は10時からだったので諦め、まるやさんで聞くと次の9:30の回で可能だという。待つ間に、紹介ヴィデオで味噌造りの流れを一通り学習。ナビゲーターは地元出身の役者さんなのだが、何を勘違いしたのか初っ端に三英傑はみんな尾張の出身、と言い放ったのに吃驚。況して此の三河の地で。
味噌樽、箍はダミー

 9:00からの見学を終えた団体のバスを送り出して、本日二回目の見学会は私の貸切。
  工場の取っ付きは赤だし味噌製造工程。此処はあっさり通り過ぎる。赤だし味噌とは、出汁を練り込んだものを指すこともあるが、この場合は八丁味噌に米味噌を混ぜたもの。
 赤だし工場を過ぎると両側に大きな樽の並ぶ味噌蔵。 

六尺という巨大な桶の蓋に円錐形に積み上げた重石を乗せて二冬n二夏熟成の時を過ごす。重石の積上げは、石の“顔”が面に出る様に積むのがコツだという。熟練者なら三時間ほどで積み上げるというコーンの姿は無駄なく美しい。
 桶も重石も江戸時代からのものがいまだ存在するが、古い桶でも今は金属製の箍が主流。一番古い味噌蔵だけは流石昔ながらの竹の箍だと思ったら、これNHKの美術さんが造って被せたウレタン製の似せ箍を遺したものだった。岡崎を舞台にした朝ドラが嘗て放映され、界隈には岡崎を舞台にした出演者の手形などが残る。
 
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanji.blog9.fc2.com/tb.php/373-64f80ce4
このページのトップへ

Search

Information

JAMIRA

Calendar

09月 « 2018年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。