FC2ブログ

unputenpu

一役者の気ままな雑記。 何処へ転がりまするやら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

よーそろー ―ヤマト取り舵

 『ヤマト2199』と言うと続編のように聞こえるが、オリジナル・ヤマトの旅立ちが西暦2199年だから、そのリメイク版。
 この時期に遊星爆弾とコスモ・クリーナーDを持ち出すのかと違和感を感じたが、そこは地球環境再生装置といった表現に替えられた。 雪以外の女性乗組員の性格付けなど、ディテールを整え、続編以降の登場であった土方や山崎も部署を得ている。前作で整合性を欠いた部分を周到に正当化している。
「人類絶滅のその日まであとー」というカウントダウンがないのは聊か寂しいが、数日前に帰って救われる絶滅の日とは何を基準にしているのか当時でも不審に思ったのだから致し方ない。
 が、丁寧な後付に好感を憶えるとともに、旧作の穴ともいえる余白部分が受け手の想像力で補われていたのも捨てがたい。今よりキャラクター付けも甘かったのに、南部も太田もそれなりの存在感を持って記憶にあるのである。


前作より早い展開で、オリジナルが予定短縮のためにオミットした艦内クーデターなどのエピソードも拾っている。
とは言え、原作者裁判で松本零士氏が外され今回も一切クレジットされない中では、古代守がハーロックになって現れる3クール版の設定は望むべくもない。

コスチュームの縫目に見受けられるエヴァンゲリオンなどの影響や、オリジナル時代の乗組員はしなかった表情が現れたり、といったアニメ表現の流行が透けて見えるのも面白い。

 前作と切っても切り離せない『真っ赤なスカーフ』は艦内ラジオなどで流れる懐メロという設定となり、複数のエンディングテーマがリリースされるが、後半に入ってオープニングテーマを変更、オリジナルの展開への布石を打ってきたようだ。

太陽系方面作戦に従事するのは二等市民である被征服星人であるという設定をはじめ、独裁国家ガミラスの内情にも踏み込み、異星人交流も描かれていくようだ。
この手の作品で戦争の悲惨を如何説いても、戦闘場面の爽快感や行動の美学的なものは必ずついて回る。
与えられた航行推進エネルギーを波動砲という武器に転用した罪深さは「波動砲は平和の武器だ」という自己撞着した台詞では拭えない。余りにも皮肉な設定ではある。
呉のミュージアムで戦艦大和のレプリカを見て、この波動砲の位置に本来菊の紋章があったことを迂闊にも初めて知った。ヤマトを飛ばすについて、この部分をどうするかという議論の中から波動砲という着想は生まれたのだろうと思っている。
ガミラス戦の戦端を開いたのは地球側、という設定がどんな意味を持って舵を切るのか、期待したい。

 尤も太陽系方面だけでなくデスラー総統含めたガミラス人全体が、ヤマトが太陽系を出るまで黄色に描かれていたので、製作途上で設定が変わったのは周知の事実。ヤマトが外宇宙に出て来たので青くなったのだ、という旧ヤマトファンたちの大らかなジョークもまた私には捨てがたい。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanji.blog9.fc2.com/tb.php/360-9fcc4439
このページのトップへ

Search

Information

JAMIRA

Calendar

09月 « 2018年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。