FC2ブログ

unputenpu

一役者の気ままな雑記。 何処へ転がりまするやら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

八木山再訪

夜のゾウ

 搬入前にバスで駆けつけて雨の中駆け足で回ったのは。もう7年ほど前。
木金土と行われる”夜の動物園”の最終日が昼公演だったので、行ってみることにする。
仙台市内のレンタサイクルDATE BIKEに登録して青葉山を越える。結構な傾斜で、帰路、夜の山道に一寸不安が残る。

 普段の切符売り場ではなく、白いテントの入場券売り場が仮設されているが料金は通常通り。
シュールな木像も独自の雰囲気
まだ明るい17:20に入場して一巡。七年前は雁舎へ回る道は、まだ今のように舗装されていなかったように思う。
 夜の動物園には登場しないゴリラやキジなどは17時で展示を終えて会うことは出来なかった。開園以来のスター・インド象は推定59歳で昨夏死去し、アフリカ園の象たちだけが残されている。昼のゾウ

このアフリカ園は天王寺と同趣だが、アフリカゾウの向こうに通天閣が見える天王寺―それはそれで雰囲気があるのだがーよりロケーションに軍配が上がる。ベーブルース像も健在。今回は泳ぐ様も

横から泳ぐ様を見せる白熊プールは前回貸し切り状態だったが、今夜は立錐の余地なく親子連れが犇めく。

宵闇迫る

 入園から一時間、雲が茜色に染まり、各所に置かれたバッテリーに灯が点ると、
長い影を引くキリンやライトアップされた木立に浮かび上がる象のシルウェットが演出される。
牙の履歴を語る。なかなか重かった。
向う側の牙は根本しかない

象舎の前では折れた象牙を持って飼育員さんが解説。片牙の象ベンのもの。由来を聞くと、十年ほども前の失恋に纏わる事故とのこと。両牙折れたうち右だけは伸びて来たが、左は未だ。

 日暮れて、北極熊と日本猿には氷が与えられ、その持て扱いがまた興味を引く。氷の中には餌が入っているらしく、猿たちの氷の所有権は目まぐるしく替わる。氷を抱える猿

夜に入って入園者は続々増え、9時閉演の予定が三十分延長される旨放送が入る。
が、レンタサイクルは9時に返却、道が混まないうちに山を越えなければならない。
二度目の八重山を後にした。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanji.blog9.fc2.com/tb.php/353-b432a6b9
このページのトップへ

Search

Information

JAMIRA

Calendar

11月 « 2018年12月 » 01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。