FC2ブログ

unputenpu

一役者の気ままな雑記。 何処へ転がりまするやら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

綱引

 オリンピック種目枠生き残りをかけた綱引きが連日報道された。
コメンテーターは様々なことを言うが、五輪を目指して日々を送る選手たちには、
どの種目が生き残るかで天と地ほどの明暗だろう。目指す舞台が無くなってしまうかもしれないのだから。

 今回に限らずオリンピック種目の栄枯盛衰はこの百年、繰り返されてきたことの様。
近代オリンピックの第二回から20年間は、“綱引き”もその種目に名を連ねている。

 綱引きの起源は農耕民族が豊作を占う神事だともいう。
如何にも素朴で好もしい気もするが、今復活するとしたら
“アスリート”はどんな基準で選抜され、どんな解説がなされるのだろうか。

 高校のアルバムを見返したら体育祭と思しき綱引きの写真がある。
すっかり忘れていたが、わが高校時代にはクラス対抗の綱引き大会が存在したようだ。
凡そそんなことに懸命になりそうにない同級生が、渾身の力で縄尻に取り付いている一枚。
こんな時代もあったかと、これまた意外で好もしい。
開演前。綱は奥女中たちを待つ。

 先般上演した『元禄忠臣蔵 御浜御殿綱豊卿』幕開きは、奥女中たちの綱引き。
この場の奥女中は達の殆どが普段女形を生業としない立役たち。
慣れない衣裳の着付けで舞台稽古は一騒動。「化け物屋敷になるかと思ったけど、
”意外に”みんな綺麗だった」とは衣裳さんのお言葉。

 この綱引き、実は青果先生の戯曲には描かれていない。
二代左團次初演以来の演出家・巌谷慎一(巌谷小波長男、三一・真一を経て慎一)氏は、
前進座初演の稽古でイキナリ奥女中たちの綱引きという“とったり”が飛び出して
度肝を抜かれたと記し、他所での上演でもこれを踏襲した。
ピタリとはまって一寸これに代わる“決め技”は難しい。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanji.blog9.fc2.com/tb.php/340-d4878e2e
このページのトップへ

Search

Information

JAMIRA

Calendar

11月 « 2018年12月 » 01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。