FC2ブログ

unputenpu

一役者の気ままな雑記。 何処へ転がりまするやら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

麹町新五丁目

 JR四谷駅から、国立劇場へ通う道が麹町大通り。

麹町という地名を憶えたのは、“麹町の猿”のフレーズでお馴染みの落語『厩火事』。
落語に登場するときは御屋敷があったり商店が並んだりという場所柄。
町名の由来は、旗本小路から来たとも、麹を扱う店からとも言い、軍配が決まらない。
 
 『元禄忠臣蔵 御浜御殿綱豊卿』には、
富森助右衛門の住居として“麹町新五丁目”が登場する。
現在の江戸の麹町五丁目は現在の麹町三丁目界隈。
だが、助右衛門が住んだ新五丁目―新麹町という呼び方もあるーは、
国立劇場から少し上がった平河天満宮付近。

 麹町の住人たちが強制移住させられたため
ここを新麹町と呼んだらしい。

赤穂浪士47人のうち17人までもが、この新麹町に潜伏したという。

 朝晩、会社員や学生の群れに包まれるように通りへ出て、
麹町を散策しつつ国立劇場に出勤する。突当ればかつての千代田城。
時に装甲車が警備する現在の麹町風景。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanji.blog9.fc2.com/tb.php/335-508d99f5
このページのトップへ

Search

Information

JAMIRA

Calendar

11月 « 2018年12月 » 01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。