FC2ブログ

unputenpu

一役者の気ままな雑記。 何処へ転がりまするやら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

めそっこ

 子供の頃、夏になると
近所の市場の魚屋の青いタイル張りの浅い水槽に生きた鰻が溢れ、
「今夜は鰻」という贅沢な日には、注文を受けてその鰻を掴んで串を打つ様に見入った。

 入座後、鰻の話題になると、東京出身者が多い劇団員は蒸さない鰻を「あんなゴムみたいなもの」と評した。
一方、これぞ東京の鰻と紹介されたものは、『目黒のさんま』よろしく、旨みを絞り切って醤油をかけたようなものとしか思えなかった。
めそっこの串焼き
まぁ、好みはそれぞれだし、その後の経験から、蒸したから如何、蒸さないから如何、という単純なことでなく、その店の塩梅によるのだろうと思っている。

今はというと、一般的な丼や重とはあまり縁がなく、串で食べることの方が多い。レバーや”肝”、鰭、頭、首、等々の様々な部位を炙ったもの。
この方が外れもなく、鰻を全的に楽しんでいる気がする。正肉だけを食べることに罪悪感さえ憶える。

 『一本刀―』の舞台は、利根川縁。鰻をはじめ、川魚は名物である。長谷川先生、台詞の端々にもそれらしい言葉をちりばめている。お蔦の生んだ赤子のことを、ならず者・船戸の弥八が“めそっこ”と呼ぶ。 
“ガキ”という程のニュアンスは解るものの、これが鰻の稚魚のことだと始めは解らなかった。
改めて江戸語の辞典に当たると、『物類称呼』に京都ではメメゾウナギと呼ぶとある。
江戸でいう“めそ”“めそっこ”も、ミミズのような鰻というところからの呼び名のようだ。

 滅多にお目に掛からないが、この“めそっ子焼き”は、正に鰻を丸ごと食べる贅沢な一品。

さて、今年に入って然る店に行くと、明らかに串の身が痩せていた。一時的な仕入れの都合なのかもしれないが、
昨今の鰻事情を思うと一寸不安にもなる。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanji.blog9.fc2.com/tb.php/330-0b655f22
このページのトップへ

Search

Information

JAMIRA

Calendar

07月 « 2018年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。