FC2ブログ

unputenpu

一役者の気ままな雑記。 何処へ転がりまするやら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

7連発

リアルタイムで大河ドラマを見るのはいつ以来だろう。近年大抵の番組は、録画を二倍速で見るのが通常。
第二回は帰ると録画されているはずなのだが、一回飛ばして『八重の桜』第三回。
ゲベール銃、ミネェー銃、スナイドル銃、と幕末主役の座をめまぐるしく争った銃の名が交錯する。
 長州藩の軍師でもあった村田蔵六=大村益次郎を描いた『花神』で、覚えた名前である。

 会津・鶴ヶ城には、実物の重さに調整した木刀と木製の小銃が置いてある。短銃と真剣は持つ機会があったが、小銃の類は持たなかったので大いに参考になった。 本身、銃の重みの判る

数年前のハワイ公演の際、千穐樂を終えて、銃を体験してみた。現代の銃は照準を合わせると私のようなものにでも結構当たる。ということは、落ち着いて狙えば道の向こうの人くらい殺せるということ。改めて怖くなった。

田中好子女史没後まもなく再放送されていた『白虎隊』では、女史演じる八重が機関銃様のものを操っていたが、八重が使ったスペンサー銃は七連発。
本作の冒頭で描かれたように、日本の維新に最新兵器が投入されたのは、アメリカの南北戦争が終結して
武器が行き場を失った為。血で血を洗う内戦の犠牲の上に、新しい国が実ったのか、最終回で八重はどんな感慨を漏らすのだろうか。

にほんブログ村 演劇ブログ 役者へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanji.blog9.fc2.com/tb.php/320-21325e66
このページのトップへ

Search

Information

JAMIRA

Calendar

07月 « 2018年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。