FC2ブログ

unputenpu

一役者の気ままな雑記。 何処へ転がりまするやら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

三年目の初対面

やっと会えたひな

二年前の六月と九月、釧路で生まれたばかりのオランウータンを訪ねたのだが、
それぞれ一頭ずつの親に会えたものの、仔との面会は果たさなかった。
 三度目の正直で、ひなと初対面。3月1日生まれだから二歳半。
前二回はひなの母と父とにそれぞれ会えたが、今回は全員揃い踏み。


類人猿舎の中からは工事のような音。
入ってみると、何が気に入らないのか、ただの遊びなのか、
チンパンジーの一頭が檻の格子を叩き続けている。
トナカイ、エゾシカ舎にはそれぞれ新たな命。
トナカイの仔。牛っぽい。 エゾシカの仔。

釧路のみで飼育繁殖されていたシマフクロウの道内四園分散構想が開始、
円山に二月、旭山に三月と、此処で産まれた兄妹が旅立った。
二年前のクックとロック

 飼育係が作った説明プレートは近年珍しくはないが、
ここには市内の学生、生徒の研究学習の場として開放された成果も
展示されている。

道内で進められている、エゾシカの有効利用の研究なども掲示される。
オオカミなどを滅ぼしてしまった為に、鹿が増え過ぎて害をなす。
駆除をするハンターまでも高齢化して後継ぎを持たない絶滅危惧種という現状。
積極的に囲い込み広く食用化することが研究されている。
エゾヒグマの数は随一

我々人間は自ら破壊してしまった食物連鎖を再編しなければいけないのかもしれない。
所詮、動物園は、ヒトに都合よい施設。
自然界では淘汰されているであろう弱者が人工的環境で生きている事もひっくるめて、
ヒトとは違う他者たちの存在に接する場所ではいろいろな事を考えさせられる。 
ココアの食事。猛獣ヶ肉を貰えるのは週1,2回の筈。
エントランスの二大スター・象とキリンは、二年前と同じく不在。
ゾウが寿命を迎えた動物園に新たに迎えることは難しい。
何時でもゾウが見られる環境に育った我々と比べ可哀そうだけれど、
これもヒトが自ら招いた今の環境。
 キリンを贈ろう

市民の間からは、キリンを贈るプロジェクトが進んでいる。
猛獣舎のドア・ストッパーが頑張る動物園を象徴


にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanji.blog9.fc2.com/tb.php/291-c410aa13
このページのトップへ

Search

Information

JAMIRA

Calendar

11月 « 2018年12月 » 01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。