FC2ブログ

unputenpu

一役者の気ままな雑記。 何処へ転がりまするやら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

黙阿弥つぶやく

 死の十年前というから隠居名に改めた翌年頃だろうか、河竹黙阿弥翁は自分の寿命もあと十年、
と語っている。聞き伝えたのは、作者の家を継ぐことになった娘・糸女。

初春南座

 長男・市太郎には、実家の商家を継がせ、黙阿弥のDNA を受け継いだ糸女に作者の家の後を託した。
糸女は、『白波五人男』裁判を闘って黙阿弥の著作権を守り、坪内逍遥の教え子を養子に迎えて河竹の家を繋いだ。
ちなみに権威ある演劇辞典が、“河竹黙阿弥”と言うのは後世の勝手な呼び名で、河竹をつけて本人が名乗ったことはないと記述してしまったことが未だに幽霊のように生きている。が、作者の家を継いだ河竹登志夫先生が夙に反証をあげておられる。河竹黙阿弥と云う呼称は、誤りではないのである。念の為。

 あと十年、と言った黙阿弥は、それ以上生きていれば、また戦争に出くわす、今度は内戦ではなく外国との戦になると予言した。
事実、隣国・清(中国)を相手に明治政府初の対外戦争が始まったのは、没後一年半。
さらに十年後の日露戦争から20世紀前半を覆う戦争の時代が始まる。
 明治維新を“大きな御家騒動”と言い放った作者の眼は、新国家の行く末を確実に見通していた。
 
 死の前年、喜寿の賀を祝う。来年はそろそろ居なくなるから心しておくよう、改めて糸女に念を押している。狂言作者の霊感とでも言うべきだろうか。
           夜の櫓

翌1893年初春、開場時に不如意のことあって筆をとらないと宣言していた歌舞伎座に舞踊劇を書き下ろす。
五代菊五郎がその舞台を勤めている22日、黙阿弥は逝った。
 同じ頃、江戸時代から続く三座の一つ・中村座が炎上し歴史を終えた。
“江戸歌舞伎の大問屋”と呼ばれる作者は自分の人生にまで筆を執ったのかとさえ思わせる、ドラマティックな幕切れだった。

 黙阿弥が活躍する改暦狂想曲『明治おばけ暦』再演が南座で始まる。
作者・山本むつみ先生は、「また戦にならなきゃいいが」と黙阿弥につぶやかせている。

にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanji.blog9.fc2.com/tb.php/227-d61ca0d0
このページのトップへ

Search

Information

JAMIRA

Calendar

11月 « 2018年12月 » 01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。