unputenpu

一役者の気ままな雑記。 何処へ転がりまするやら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

チュウケイさん

 記念館の取っ付きにある日本地図、これが見たかったのだった。伊能図と衛星画像の地図とが重ねられて、その正確さが際立つ。
伊能忠敬を大河ドラマに!!

 立川志の輔師匠の創作落語『大河への道―伊能忠敬物語―』は、この展示をみて鳥肌が立った、という処から始まっている。
昨年七月本多劇場で聞いたこの噺から歴史教科書上の人物が身近になり、余りの分量にそれまで手に取る気になれなかった『4000万歩の男』(井上ひさし)でますます興味をそそられた。
井上氏は、“二つの人生を生きた人”として、ご自身の二つの人生と重ね合わて、忠敬さんの野心や生臭さをも描く。婿入りした佐原の商家・伊能家を建て直し、名主として様々な調停、交渉にも腕を振るった男が49で隠居、歴史教科書に載る事績に手を染めるのはそれからである。
橋の右側が記念館、左は修築中の旧宅

今年の芝居納めが、佐原と聞いた時から記念館を訪れることを楽しみにしていた。が、スケデュールが決まってみると、当日の午前(!)二時過ぎに佐原到着、朝仕込、昼公演、帰京。訪問は無理かとも思ったが、小一時間ほど時間を見つけて足を延ばした。道を尋ねた方から、地元ではそう通っていると聞いていた「チュウケイさん」という呼び名が返ってきたのが嬉しかった。
トイレまでの距離もチュウケイさんの歩幅が基準

 二年9カ月前の震災は、水郷・佐原にも大きな被害を齎した。小野川沿いの街並みはかなり復活を遂げて佇まいを生かした喫茶店などが目を引くが、記念館と川を隔てて向かい合う伊能忠敬旧宅は普請中で見ることが出来ない。

 志の輔師匠は、『大河ドラマ・伊能忠敬』を売り込もうとする地元公務員を狂言回しに、伊能図完成に至る歴史背景も笑いと涙の中に手際よく描きだす。
 50歳で20近く年下の天文学者に入門、17年に渉る全国測量が始まるのは55歳の時。当初その志は暦学とその為の子午線一度算出にあり、そのための測量から生まれたのがシーボルトやペリーを驚かせた日本地図だったことは知らない向きもあろう。忠敬さんの人生も然ることながら、その死を三年間秘して地図を完成させた伊能チームのドラマも興味深い。
会館に戻って『赤ひげ』千穐樂。満員の客席が、人の力、人の想い、を実感させる。
スポンサーサイト
このページのトップへ

「♪これもご利益♪」

身延駅からバスに乗り継いで、総門に着いたのは朝九時前。
♪有難いぞえ…
“有難いぞえ身延のお山 これもご利益・・・”とは黙阿弥の傑作『三人吉三』幕開きの下座。
 一月の前進座劇場閉館に際し、若手によるプロデュース公演Nextを立ち上げ、
大役・土左衛門傅吉を勤めた。
高架にもまた風情あり

題目講の帰り道、身投げを止めた男が生まれてすぐに捨てた実の息子。
そうとは知らず自殺を止めたのも
「祖師様(日蓮)の御利益」と題目を唱えるが、
これを切っ掛けに昔の罪の報いが押し寄せる。
舞台に展開される因果噺は、全て彼の若き日の過ちによるもの。
今は題目三昧の男が、罪滅ぼしの為に非業の死を遂げる。
高架もまた風情ありⅡ
 お祖師様の本山には、上演前に行くところだが、
昨年後半は時間がとれず
せめて上演から年が替わらぬうちに漸くこの日を捉まえた。
 身延山・久遠寺は、日蓮上人が53歳から9年間庵を結んだところ。
身体を壊して下山の途中、池上で亡くなっている。
何処で没しようともここに葬る様にと遺言したという。
三門

 総門から暫し登ると商店街を経て三門。
三解脱を現す三門を潜ると、石畳の向こうに階梯がそそり立つ。天に直立する?階梯

いかなる視覚効果か、垂直に天に通ずると映る。
男坂女坂の他に一番新しく設えられ、菩提梯と名付けられた階段。
七字の御題目に因んで7つのパートに分けられた石段は計287段。
一段一段が中々に高い。
古えを思って、鉄の手摺には手を触れず登る。
流石に息がはずむ。登りきると、
左手に五重塔が現れるという洒落た演出。頂上は極楽世界
五重塔は4年前、江戸初期の創建当時の姿を、
明治の焼失以来134年ぶりに復活した。
祖師堂、本堂が並ぶ辺りは枝垂れ櫻が春の名物らしいが、
極彩色の伽藍に枝が白く光る冬の景色も捨て難い。冬櫻も一もと華を添える。 
冬の枝垂れ桜

山上の奥ノ院までは、歩くと二時間半。
そんな時間はないので普段縁のないロープ・ウェイのお世話になる。
山の中腹から鹿が見上げ、山蔭から富士が頭を覘かせる。
1153mの山頂まで僅か7分。
富士川が光り、山々が煙る。
身延山頂

下山してから見たら8日の釈尊成道会を終えると2週間のメンテナンス休業の掲示。
日が僅かにずれていたら登れずに帰る巡り合わせであった。
このページのトップへ

Search

Information

JAMIRA

Calendar

11月 « 2013年12月 » 01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。