unputenpu

一役者の気ままな雑記。 何処へ転がりまするやら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

満開の下

 大詰の舞台に横たわっていると、桜の花びらが散りかかる。
桜にしてはちょっと大ぶりの花びらたち。
花弁は、紙雪とは違って舞台一面に降るわけではない。
気が付けば、私が倒れるのはちょうど山桜の大木の下。
高所恐怖症の演出部員がこの真上から桜吹雪を起こしている。
山桜の花弁

 『シラノ・ド・ベルジュラック』僧院の場で
シラノに降り懸かる鈴懸の葉の完璧な色合に感服したのは
芥川比呂志丈。巴里の劇場でのこと。手に取ってみて、
地のままの安っぽいハトロン紙であったことにすっかり愉快になったと、
『「シラノ」の落葉』というエッセーに記している。
何と絶妙の方法を見つけ出すものか、歌舞伎の時代も含めて芝居者という連中は、と。

 花見時期がズレにズレたこの春に配慮したわけではないが、
今年の五月国立公演は二本ともに桜ほろほろと散る大詰。
『御浜御殿綱豊卿』では、枝垂れ櫻の下で綱豊卿と富森助右衛門が立ち回る。
綱豊卿は能装束に装っている。
死の前月に初演した二代左團次丈には面をつけての立ち回りが厳しかったのか、
能の演目を直面の『望月』に替えて演じたが、前進座は原作の『船弁慶』に戻した。

“西国に滅びし平家の一門”登場の謡に乗って、
知盛の霊と闘う助右ヱ門の姿が、桜の下に夢幻のように浮かび上がる。
滅びた家の亡霊たちは、赤穂の浪人たちでもある。
助右ヱ門は自らの影と闘っているようでもある。
正直、十数年前に見た時には長すぎるように思ったし、
台詞がトントンと行かない時は今回もそう感じるのが当然だろう。

が、今回の舞台稽古を見ていて、この地獄めぐりを越えての大詰が、
作者の意図だったのかもしれないと、心付いた。

騙し討ちによる復讐劇『望月』では、此処までの芝居の展開にそぐわないようだ。
スポンサーサイト
このページのトップへ

Search

Information

JAMIRA

Calendar

04月 « 2013年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。