FC2ブログ

unputenpu

一役者の気ままな雑記。 何処へ転がりまするやら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

光のページェント四半世紀

 街を覆うイルミネーションの元祖は1981年の札幌。
仙台は五年遅れて二番目だった。
入座間もなく『俊寛』で12月の東北を廻った時、定禅寺通りに面したホテルの窓から、並木の枝々の豆球に宿る光の帯を見て“凄いことをする”と魂消た。当時、東京にもあんなものはなかったのだ。
                   公園のシンボル・ツリーには多色が使われる

 今年は設備が流された事や、自粛論もある中、広島を含む他地域からの援助もあり、実施におさまったという。
 搬入メンバーのバスは、夕刻定禅寺通りに差し掛かった。22時までだから公演当日にここを通りかかる頃には既に消えているかもしれない。日曜のこととて、広い中央分離帯は家族連れで大賑わい。

 昔から白一色のシンプルさだが、分厚い欅並木を覆う光の波は圧巻。一夜に三回位行われる“スターライト・ウィンク“は、一旦消えた灯りが一斉に点くイベント。目撃することは出来ず、想像がつかないのだが感動的だと云う。

定禅寺通りの両端の公演では、カラフルな光も。
ヒロシマの折り鶴は、何時もの会館の隣にある西公園にあった。西公園の折り鶴像


にほんブログ村 旅行ブログへ
スポンサーサイト
このページのトップへ

Search

Information

JAMIRA

Calendar

11月 « 2011年12月 » 01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。