unputenpu

一役者の気ままな雑記。 何処へ転がりまするやら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

パピヨン

 六代三遊亭圓生と同じ日に死んだ初代来日パンダ・カンカンが、入口のウォッチング・センター入口でお出迎え。相方のランランはイベントに出張中。
 創立当時は上野の分園だった多摩動物公園。50周年とて、新宿に計画されてGHQの横槍で中止になった生みの苦しみからの歴史が展示されている。 

 園の右翼は、日本の動物たちとアフリカ園、昆虫館。
蜻蛉形の昆虫本館に対し、昆虫生態館が象る蝶の胴体部分は、大温室。蝶々の通年飼育はここがニッポン初。
 ヒラリヒラリと舞う蝶々は、我等とは違う時間を生く者のよう。成る程、洋の東西を問わず古人が、死者の化身と観じたも尤も。型の蝶は滑空を利用して優雅に翔ぶ。
ここは恋の季節なのか、二頭が共に飛び、離れ、また連れ立つ。違う種の蝶がペアで翔んだり、三頭が連れ立ったり、そこには我らの計り知れぬドラマがあるのだろうか。
       温室の蝶

 鷲と鷹とに殊更の区分はないというが、蝶と蛾とも格別の違いはない。
蛾の5%ほどの一族を一応蝶と呼んでいるというほどのこと。
子供の頃見た図鑑では、胴体の太さ、触角の形状、留まる時の羽根の状態、などで区別できるとしていた。今でも蝶は羽根を広げてとまらないと言い張る人もいる。
蝶のドラマ

が、それよりも“昼間飛ぶ蛾が蝶”というのが現在最も確かな基準のよう。
 してみると“夜の蝶”なんて言葉は成立しない。彼女たちは只“蛾”と呼ぶべきか。
とは言え、この基準とても例外を含む。
優美で可憐と多くの人が感じる蛾の一部を蝶と呼び習わしているとなれば、最早これば美人と不美人との区別に等しい。
どちらもパピヨンと呼ぶ仏蘭西は、流石紳士の国。
 
 昆虫館の奥、アフリカ園の取っ付きには、縞馬麒麟駝鳥ペリカンが雑居。
ペリカンたちが整列していたのは、給餌の時間だった為。次々投げられる鯵をすかさずキャッチする。
    ペリカンの群れと麒麟、駝鳥
同居人の駝鳥や通りすがりの青鷺が横取りを試みる。
 改装中のチンパンジー舎では、自動販売機や様々な遊具で類人猿の能力を検証している。

 遠くから遊園地のお城と見えたのは、ケニアの寺院を模したライオンバス発着所。
44年前に発足したこれも国内動物園初の施設。
日本初、世界初の繁殖成功は枚挙に暇ない。
スポンサーサイト
このページのトップへ

アリから象まで出会える処

 蝶を見に行った。


                水牛:メスは地上に
 なかなか行けないのが都内の動物園。
 稽古中の貴重な空き日、“アリからゾウまで出会えるところ”のキャッチ・フレーズで、50周年を迎えた多摩動物公園に足を運んだ。
 “他はざっと歩くだけ”と決めていたのに、レッサーパンダや雪豹の仔が11:30まで公開中との掲示に、
昆虫館を見捨てて一番奥のアジアゾーンへ急ぐ。
              母出動
 ここはオランウータンの空中散歩施設も有名。十頭のウータンが住み繁殖の実績も上げている。
延々続く鉄柱の上をワイヤーが伸びるが、この日は果敢に渡り始めた仔猿が母親に連れ戻される一幕。
                       四園で一番ゆったり住んでいるとみえるシフゾウ
 
 現在三園にしかいない珍獣シフゾウもこのアジア・ゾーン住む。各舎前に待機するボランティア解説員さんによると、私が数年前訪れた秋田・大森山がシフゾウ飼育を止めて、その個体も此処に来ているという。他は熊本と広島安佐だから、国内のシフゾウはこれで制覇。別にそういう目的で回っているわけではないが、何時の間にか随分訪問したことになる。
                シェモアの雄・雌とは角の角度が違う
 洒落た角を持つシャモアという優美な獣には、他で御目もじした覚えがない。
聞けば一昨年破綻した三重のカモシカ・センターから、ゴールデンターキンの旧居に緊急に引き取ったもの。
一般公開は最近のこと。他には東北のサファリに居るばかりという。
      大家のゴールデンターキン

 大家のゴールデンターキンも希少種。万人向きの花はないが、なかなかの風格と愛嬌。
 アジアの沼地ゾーンは、五十周年の目玉として公開間もない様子。残暑の中、サイは肩まで水風呂の中、水牛の雄は角だけを水面に出していた。
                    長湯上がり

 アジアの隣はオーストラリア。今コアラは国内八園にいるらしいが、ここは東山・平川と共に初来日した園の一つ。
大阪のように撮影全面禁止の園もあるが、ここでは私でもこの程度の写真が撮れる。
                    写真を撮りやすいコアラ舎

 シャトルバスが走る広い敷地は六つほどのブロックに分かたれている。左奥から歩き始めて正門に近いモグラの家でほぼ半分を回ったことになる。
 広島・安佐動物園園で見たコウベモグラの金網トンネルは飽きさせない展示だった。ここでは、アズマモグラの金網トンネルが立体的に張り巡らされ
頭の上を土竜が走る。安佐動物園の金網トンネル

 大分遠回りになる鴇・雉舎は今回見送る。ここから右手が本日の目的地・昆虫館への道となるのだが、紙数が、いや字数が尽きた。
このページのトップへ

Search

Information

JAMIRA

Calendar

06月 « 2008年09月 » 10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。