unputenpu

一役者の気ままな雑記。 何処へ転がりまするやら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

駝鳥通信


 安佐北区は、安佐南区、安芸区と並んで新市内と呼ばれる。1980年、広島市が政令指定都市となる時に編入された地域である。

 この安佐北にある安佐動物園を再訪した。再訪と言っても、21年ぶり。敷地からして当時の倍と言わないまでも大幅に広くなっている。
安佐動物園
 いわゆる郡部に創設された当園は、郊外型動物園の先駆者かもしれない。
呉からの移動日。
九時前にアストラムラインの安佐北駅に着いたもののそこからの登りが意外に遠かった。

 取っ付きは猿山だが、この山の主はニホンザルでなくドグエラヒヒ。彼らと綱引きならぬ鎖引きが出来るなどの工夫も凝らされた山。
 サバンナゾーンでは、駝鳥の飼育係さん描く漫画が、その生態を伝えてくれる。駝鳥通信

この漫画には駝鳥と交流するキリン一家も登場するが、サバンナゾーン
三頭の筈のキリンは二頭しか見えず、少々行動が怪しい。
 漫画にそっくりの飼育係さんに聞いてみると、父キリンは他界し、息子が母にモーションを掛けているところ。この程度の近親相姦では劣勢遺伝の心配は少ないらしい。
 
 日本の動物ゾーンに足を踏み入れると、カンカンと響く金属音。
出所は、月の輪熊のクラウドが器用にトワリングする丸太だった。クラウドくん
象も負けていない

 六年前、山里で罠にかかって子を守ろうと荒れ狂う母は射殺、クラウドは保護された。他の二頭も人と遭遇して殺された母熊の遺児。

 
 絶滅を心配されるクロサイ繁殖では、安佐は血統管理も担当するリーダー格。
 非公開の繁殖用施設で憩うクロとハナは、クロとハナの家
全国に貸し出されたクロサイたちの偉大な父母。
開園前に来日しているから、前回訪問時に既に十年のベテランだったことになる。三年前に完成したライノテラスには、多数の息子や娘がハゴロモツルと同居している。クロサイとハゴロモヅル


 もう一つ血統管理を担当しているのが、オオサンショウウオ。
世界で初めてオオサンショウウオ飼育下繁殖に成功したのは29年前。
 こども動物園ぴーちくパークでは、岩山に登るヤギやシマリスの家、お山の大将

そしてオオサンショウウオの幼生ただよう“どうぶつ子育ての家”では、
ヒヨコやハツカネズミの誕生、生育を見られる。赤ちゃんお兄ちゃん自立?



1.5mの世界最大剥製や世界最大のオオサンショウウオ
屋外の川を含め、園内四ヶ所でオオサンショウウオに会えるのが、安佐。
 開園から取組んで来たこの二つの取り組みの成果は、
繁殖の業績を称える古賀賞を共に受けた。

 市制100年記念には世界のカエル展を企画した安佐、カエル年カエルの年

絶滅に瀕するカエルを救う国際カエル年にも一役買っている。
スポンサーサイト
このページのトップへ

手と眼と

 16時2分、吉田町で乗った終バスは、十分後に掛合(かけや)に着く。此処まで7km、順当な所要時間だが、行きに一時間ほど歩いた身には複雑。掛合ー出雲市間は高速バスで45分。

 雲南市吉田町は“鉄の歴史村”を名乗って22年。
 日本で唯一製鉄操業所”高殿(たかどの)”が残る菅谷たたら山内を中心に、山内生活伝承館、鉄の歴史博物館、鉄の未来科学館と展示が充実する。
せせらぎ

 清流に沿って20分も登ると菅谷たたらの建物群。茅葺屋根堂々たる高殿の前に一もとの桂の木。
 製鉄の神金屋子(かなやご)は、白鷺に乗ってこの炎を思わせる樹に天降ったとされる。
 金屋子は女神。醜女と伝えられるその心根に遠慮して、たたら操業中、女たちは化粧もせず高殿にも近づかなかったという。
菅谷たたら高殿と桂の木

 高殿から少し登った生活伝承館から車道をぐるっと回った中学校前の左に未来科学館がある、筈だが、略地図では直ぐ其処にある館が、行けども行けども見えない。辿り着いた道標を左に折れて更に登りが続く。

 未来館では、イギリス近代製鉄との交流を軸に、現在に至る鉄鋼技術が語られる。
 幕末、洋式の反射炉が各地に作られたことは知っていたが、焦眉の急となった大砲製造はたたら製の鉄では適わないことから新技術が導入された消息がここでよく判った。


 全国に優れた鉄を提供し続けた吉田のたたら製鉄は、1921(大正10)年に絶えた。


 1969年11月8日、89歳を筆頭に往年の村下たちが半世紀振りにたたらを再現した。
 極度に湿気を嫌う作業のために炉の地下構造を作るのに四ヶ月という手間のかかる仕事。湿度温度によって炉に風を入れるパイプの数や角度も村下の経験知による。
 出来上がった鉄の品質の目視での分別も、科学的分析と見事に一致するという。

 その一部始終を記録した30分ほどの岩波映画『蹈鞴』は、感動的。70年度の芸術祭賞を獲得したのもむべなるかな。
たたらの炉




 この作業と記録によって蹈鞴製鉄は蘇った。古来の方法をアレンジした近代たたら製鉄は地域の特別授業にも根付いている。
このページのトップへ

殿様と唐黍

ここ岡山県も公立の動物園を持たない。

 三代藩主池田綱政は三大名園後楽園を造ったが、入口に岡山唯一と記される動物園も殿様の末裔池田隆政氏。今年55周年を迎えた。
                       池田動物園
 
 99年に大往生(推定古希)したミシシッピー鰐のシッピーが剥製となって鎮座ましましているが、殿様の婚礼と動物園創設を祝って贈られた日本発渡来の大鰐。
                     
 如何見ても普通の家と思った建物は、リーフレットを見ると矢張り園長さんの住まいだった。してみると入口でバスやタクシーの世話をしていたのが殿様だったろうか。


 敷地の半分を占める京山を少し登ったところにクモザルの大檻。屋根の高い折の中にジャングルジムや雲梯様の遊具が配される。これだけの空間を与えられているクモザルは他所では見なかった(旭山に行ったのはクモザルカピバラ館開場の前月だった)。
 五人の住人が残らず個性的。目にも留まらぬ速さで尾と足を繰り出して空中を駆けるかと思えば、長い手足を少し持て余すように地を走りスライディングを繰り返す。その姿は、本人の意に関わらず、見る人を微笑ませる。
                     ビビ


 急に温和しくなったやんちゃ坊主ビビが母の乳房に吸付く。その顔は駆け回っているときとは打って変って神妙だ。授乳の場所は見物人の目の高さにある小さな台。
                                    
 他の動物たちの給餌場も檻の手前の方に設えられ、観察しやすい。40過ぎのインド象も、大きなヒグマも昼寝を決め込むライオンも、手の届きそうな所にいてくれる。
                       キャバレー?



 何処にでもいる駱駝も近くで見ると辺りを払う威風堂々。顔中動かして草を食む様は荘厳ですらある。彫塑かと見紛うモモイロペリカンは高貴さを漂わせる。
                       モモイロペリカン


 三種のフラミンゴの舎の隣には茅葺の旧家。ダムに水没する家をそのまま移築したのだという。
                    2ヶ月と1ヶ月半の雛

 雉舎は、何時もながらの長屋だが、「中国南部・チベット」「ミャンマー北部」との分布地表示に、彼らのふるさとを想わざるを得なかった。
 そして、トウモロコシを基調とする家畜飼料の高騰した旨の立看板も、決して閉じた世界ではない動物園に押し寄せる困難を告げていた。

      食糧危機

このページのトップへ

Search

Information

JAMIRA

Calendar

05月 « 2008年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。