unputenpu

一役者の気ままな雑記。 何処へ転がりまするやら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

“毎度”のポーズ

 十月半ば東京に帰ってきたら、東北のスーパーに豊富にあった戻り鰹の柵はもう見当たらない。鱈の切り身など鍋物モードに変わっている。鍋材料の並ぶ店内、そういえば肌寒い。
 「なるほどそんな季節か」白身魚を買ってレジを抜けると、外はまだ暖かい。肌寒かったのは冷房が効かせてあったからだった。



 最近スーパーのレジでもみぞおちの辺りで手を組んでお辞儀をする様をよく見かける。そういう教育をしているのかと思って気をつけてみると、うちの近所の五輪(仮名)でもイナセ屋(同)でも指導されているわけではないらしく、統一されたしぐさではない。

 時代劇に出てくる商人にも、揉み手や手を握るしぐさはあるが、胸の辺りまで組んだ手を上げたお辞儀は、どうもなじまない。

 いずれ老照屋(仮名)なり蒔怒鳴人(仮名)なりのファストフード店の接客マニュアルから生まれて、一般化したものだろうと当りを付けているが確証はない。
 “手持ち無沙汰”という言葉があるが、舞台でも手の持ち扱いには苦労するもの。
 東南アジアかどこかよその国の文化にも、武道の一礼風にも見える。
 イギリス式のホテルマンの作法には一方の手でもう片方の指をつかんで前に降ろして客を迎えるというのがあるらしい。そうした西洋の作法がカウンターの高さ分手の位置を上げてアレンジされたものででもあったろうか。
  敵意のないことを示す、というお辞儀の原点からいえば武器を持たない手を示すのは理に適ったことともいえる。
 

 ハンバーガーを三十個買ったお客に「こちらでお召し上がりですか」と聞いたというはなしがある。少々違和感を覚えるのは、そんなマニュアルをからかった小噺を知っているからであろう。
 ら抜き言葉や新しい言い回しがふつうの日本語になっていく如く、このポーズは、既に日本のしぐさ文化の一つなのかもしれない。
基本姿勢

スポンサーサイト
このページのトップへ

こころがら

 五重塔に何故心柱があるかには、諸説ある。

 が、ご住職はもう亡くなった宮大工の棟梁から聞いた話が忘れられないという。
 棟梁若き日の修行時代、木を乾かしておく貯木場で弁当を使っていると大きな地震が起った。木は井桁に組んで積み上げてあったが、ある仕掛けがしてあるものは微動だにしないのに仕掛けのない木組みは崩れてしまった。

 仕掛けとは、井桁の上に一本の材木を乗せその真ん中から紐を降ろして錘をぶら下げただけのもの。若き日の棟梁は直感した、これは心柱だ、この仕掛けが揺れを吸収したのだと。
 

 この話に、いつも塔のことを考えているからそれがわかったのだと感銘した、とご住職は仰言る。棟梁の話をそう聞けるのは、ご住職自身に見る目聞く耳があったから。同じものを観聞きしても何を得られるかは心柄ということなのだろう。


 改修後数年、火災報知機が鳴った。警報は珍しくない、又誤報と多寡を括りつつ塔の前に立ったご住職は慄然した。散乱するペットボトルから掛けられた灯油による火が今まさに燃え盛っている。

 塔は煙突のようなもの、内部に火が入ればもはや消し止めようはない。露伴の名作の舞台となった谷中五重塔はまさに天井から火を吹いて炎上したのだった。動転していたのか消火器はうまく働かず、放水銃で何とか消し止めた。

 放火の犯人はいまだ捕まらずその動機もわからないが、御住職が駆けつけるのが一瞬遅ければ谷中の五重塔と同じ運命。今日この塔を見ることはなかった。塔の内部を公開していた頃の落書きも多いという。


 現在塔内部は非公開。これも心柄か。
谷中天王寺五重塔跡

このページのトップへ

二本の心柱

 塔という言葉の語源は、卒塔婆と同じくストゥーパだといわれている。ストゥーパは釈迦の骨《仏舎利》を納めるもの。

 幸田露伴『五重塔』公演を前に伺った我々に、弘前最勝院の三十八代ご住職は、何のために五重塔が建てられたかを知っているかどうかで、全く同じ演技をしていてもその中味が違ってくるはず、と口を切られた。

 戦乱の絶えなかった津軽の地に太平が訪れたとき、六代住職が発願し、三代藩主がスポンサーとなって五重塔建立が始まった。それぞれの次代によって十二年の歳月をかけて完成。それは戦乱で亡くなった人々を、敵味方なく供養する為だった。


 十数年前、台風でこの塔が傾き、三年に及ぶ解体修理が行われた。その中で相輪(そうりん)―塔の上に立つ角のような部分―と心柱(しんばしら)―塔を縦に貫く固定されない柱―が曲がって繋がっているのをどう直すかに議論が白熱した。鋸目を入れて繋ぎあわすか、縄で縛って矯め直すか、さらには相輪から見て曲がっている心柱部分をそぎ落として反対側に繋げるという意見まで百出した。

 鋸目を入れる案に落ち着きかけたとき、一人の若い文化財修復センター員の言葉が水を打ったような静けさを招いた。
 

 三百五十年のあいだに何度もあった修復工事で、誰もが気付いたはずの心柱の歪みを先人はそのままにしてきた。あとで元に戻せない工法を今現在の知恵で施すべきではない。
 この正論に異を唱える人はなく、古来の杉の心柱にヒバの真柱を付けてバランスを取る形で旧来の柱には手を加えない形での改修に落ち着いた。

 木地に施された弁柄―紅殻―も、創建時のものを分析、同じ所の土と柿渋を使って作られた。


 こうした改修工事の模様は写真に記録されたが、その写真は白黒。カラーは百年持つといわれているが、まだそれを証明する歴史を持たない。白黒写真は百年持ったという確実な実績を持っているからだという。
最勝院五重塔

このページのトップへ

巨人と姫鱒

 十和田湖は八郎が作った湖。
 山の民が岩魚を三尾食べて龍になったというコアラ誕生に似た伝説の続きである。この八郎龍、十和田湖を造りながら理不尽にも訪れた坊さんにその住いを追われている。そのあと安住の地を求めて造ったのが八郎潟。さらに冬季に凍らない湖を求めて田沢湖を見つけ、同じく人間から龍になった田沢湖の主を妻問い、冬は田沢湖で過ごすことになった。
なるほどM字型の十和田湖、龍の爪の一掻きに見えなくもない。

 この独特な十和田湖の形がこの一月に誕生した新生十和田市の市章になった。十和田湖を擁する旧十和田湖町は合併する旧十和田市より面積はやや大きいが、人口では十分の一に満たない。
 十和田湖と奥入瀬にはなぜか縁があり、巡演の途中訪れるのはこれが四度目。今回も十和田から弘前への移動の道すがら奥入瀬渓流を上って湖畔で一休み。

 十和田湖はカルデラ湖。噴火によって出来た窪みに水が溜まったもの。流れ込む大きな流れはない。
 奥入瀬渓流は十和田湖の南、子ノ口を源流として多くの湧水を併せ呑みながら14キロを流れる。子ノ口からすぐのところにある落差8メートルの銚子大滝を魚たちは登ることが出来ず、十和田湖は長いあいだ魚の住まない湖だった。三尾の岩魚を食べてしまった八郎はこの湖の魚も食べつくした濡れ衣を着せられて追われ続けたのかもしれない。


 “十和田湖のヒメマス”について知ったのは、子供の頃読んだ学習漫画『魚・貝のふしぎ』の一篇。ワイナイサダユキという舌を噛みそうな名前が即座に出てくるのはその刷り込みの賜物。明治時代、この湖で姫鱒の養殖に成功した和井内貞行は、それこそ青森の《郷土に輝く人》の筈。
 その動機は干物しか食べられない鉱山労働者に新鮮な魚を食べさせたいということだったという。鯉などを試したが、その習性から効果的な漁獲量を得ず、北海道阿寒湖に生まれ支笏湖に移された姫鱒にたどり着いた。姫鱒は淡水で一生暮らすようになった紅鮭の陸封型。

 十和田休屋の食堂では、今も姫鱒料理を出している。ヒメマスを圧迫しているとも言われるワカサギを筆頭に十二種の魚が現在十和田湖に棲む。
奥入瀬の巨人

このページのトップへ

とうふ転々

 「豆腐を愚弄するものはついには天下国家を過つ」

 幕末、長州の百姓医者からでた技術者村田蔵六=大村益次郎に、司馬遼太郎氏は『花神』の中でこういわせている。
 正確にはこの文言自体は小説ではなくNHKのドラマで門人が師の持論として披瀝するものだったと思うが、豆腐には充分な滋養がありそれ以上の贅沢を望むものは国家の計をあやまつとの意である。


 豆腐の八、九割は水だという。その所為か気の所為か、東北に来ると豆腐が旨い。県産大豆100%という表示も食指を動かす。

 
 表示といえば「遺伝子組み換え大豆は使用していません」という文句がいつの頃からか豆腐のパッケージに付くようになった。こういう表示がある以上、GM(遺伝子組み換え)大豆も何処かで使われているのだろうが、「使用しています」という断り書きはまだ見ない。

 表示が義務付けられた(正確には使用した際の表示が義務付けられており、私用していない表示は自主申告)のは昨年春のことというが、それに先立つこと八年、青森の豆腐メーカーが始めた原料管理と表示とが先鞭を付けた。その社の幾重もの製品管理体制を見ると、改めてGMO混入排除の難しさを認識させる。

 除草剤に耐えられる、害虫を寄せ付けないなど、効率的な収穫を約束する遺伝子は、とりあえず人に害はないとされている。が、長中期の摂取に関する実験資料は無論なく“消費者をモルモット扱いするもの”との批判も根強い。

 製品に遺伝子が含まれないとされる醤油、大豆油、飼料としてGM大豆を食べた家畜などには表示義務が課せられていない。豆の搾りかすであるおからは遺伝子が含まれるものだが、惣菜として売られている卯の花がどんな豆の成れの果てであるのか果たして把握できているのだろうか。


 お豆腐の祖国中国を含め、GM作物は凄まじい勢いで版図を広げつつある。何を食べているのかを知る権利を、せめて確保したい。
 豆腐を愚弄する者は、取り敢えず一身の健全を過つ


村田蔵六@靖国

このページのトップへ

Search

Information

JAMIRA

Calendar

09月 « 2005年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。