unputenpu

一役者の気ままな雑記。 何処へ転がりまするやら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

よーそろー ―ヤマト取り舵

 『ヤマト2199』と言うと続編のように聞こえるが、オリジナル・ヤマトの旅立ちが西暦2199年だから、そのリメイク版。
 この時期に遊星爆弾とコスモ・クリーナーDを持ち出すのかと違和感を感じたが、そこは地球環境再生装置といった表現に替えられた。 雪以外の女性乗組員の性格付けなど、ディテールを整え、続編以降の登場であった土方や山崎も部署を得ている。前作で整合性を欠いた部分を周到に正当化している。
「人類絶滅のその日まであとー」というカウントダウンがないのは聊か寂しいが、数日前に帰って救われる絶滅の日とは何を基準にしているのか当時でも不審に思ったのだから致し方ない。
 が、丁寧な後付に好感を憶えるとともに、旧作の穴ともいえる余白部分が受け手の想像力で補われていたのも捨てがたい。今よりキャラクター付けも甘かったのに、南部も太田もそれなりの存在感を持って記憶にあるのである。


前作より早い展開で、オリジナルが予定短縮のためにオミットした艦内クーデターなどのエピソードも拾っている。
とは言え、原作者裁判で松本零士氏が外され今回も一切クレジットされない中では、古代守がハーロックになって現れる3クール版の設定は望むべくもない。

コスチュームの縫目に見受けられるエヴァンゲリオンなどの影響や、オリジナル時代の乗組員はしなかった表情が現れたり、といったアニメ表現の流行が透けて見えるのも面白い。

 前作と切っても切り離せない『真っ赤なスカーフ』は艦内ラジオなどで流れる懐メロという設定となり、複数のエンディングテーマがリリースされるが、後半に入ってオープニングテーマを変更、オリジナルの展開への布石を打ってきたようだ。

太陽系方面作戦に従事するのは二等市民である被征服星人であるという設定をはじめ、独裁国家ガミラスの内情にも踏み込み、異星人交流も描かれていくようだ。
この手の作品で戦争の悲惨を如何説いても、戦闘場面の爽快感や行動の美学的なものは必ずついて回る。
与えられた航行推進エネルギーを波動砲という武器に転用した罪深さは「波動砲は平和の武器だ」という自己撞着した台詞では拭えない。余りにも皮肉な設定ではある。
呉のミュージアムで戦艦大和のレプリカを見て、この波動砲の位置に本来菊の紋章があったことを迂闊にも初めて知った。ヤマトを飛ばすについて、この部分をどうするかという議論の中から波動砲という着想は生まれたのだろうと思っている。
ガミラス戦の戦端を開いたのは地球側、という設定がどんな意味を持って舵を切るのか、期待したい。

 尤も太陽系方面だけでなくデスラー総統含めたガミラス人全体が、ヤマトが太陽系を出るまで黄色に描かれていたので、製作途上で設定が変わったのは周知の事実。ヤマトが外宇宙に出て来たので青くなったのだ、という旧ヤマトファンたちの大らかなジョークもまた私には捨てがたい。
スポンサーサイト
このページのトップへ

鬢の髪のリアリティ

 日曜夜の公演が続いたから『八重の桜』、二回抜けて第六回。
留守録が恙なく出来ているかどうかわからないが、歴史が判っているから、中抜きでもそれなりについていける。
 幕開きは早や、安政の大獄を経て桜田門外の変、ここから時代は急展開する。この歳の初春狂言が、今やっている『三人吉三』。‶不逞″浪人の溢れる動乱の京都守護職を引き受けたところから、白虎隊に象徴される会津藩の悲劇が始まる。会津の誰にも茨の道であることは判り切っていたが、守護職就任を断る道はなかった。京都行が決まった時、藩主従、手を取り合って泣いたと伝えられる。

 西郷頼母の揉み上げが、フト気になった。鬢にちぢれっ毛が生えているのは、普通一癖ある人物の表現。
そう思ってみると、男は皆、耳の前の毛が短く、揉み上げ状態になっている。
カメラ技術が進んで、映像の鬘は地毛を生かした半鬘が主流とは耳にしていた。
女性の場合は長い髪が上手く半鬘と融合するのか、鬢のあたりも綺麗に結えているが、男の鬢の生え際だけは揉み上げとして処理するしかないようだ。
 実のところ、どんなものだったのだろうか。髪油を鬢付け油というくらいだから、鬢の髪の扱いが一番難しかったのかもしれない。幕末の写真集やお相撲さんなどで一度確かめてみよう。


にほんブログ村 演劇ブログ 役者へ
にほんブログ村
このページのトップへ

地下水道

昼公演を終えて、同じビルの映画館で『レ・ミゼラブル』。
今回のは、ミュージカルの新演出版による映画化とか。

 子供の頃読んだ『あゝ、無情』は、誰の文章だったのか、
パンを盗む場面、銀の燭台を与えられる場面に増して、
パリの地下を流れる下水道をさまよう場面は文字通り息詰まるものだった。
物語の全てがここに集約された印象があった。
この地下隧道に色々なメタファーを重ねられそうである。

ジャンルが違うが、いぬいとみこ女史の『くらやみの谷の小人たち』を後に読んだ時にも地下水脈の場面にパリの地下隧道を思い出した。

 映画のものが実際の下水道に近いのだろう。嘗て読んだ本の挿絵は普通に立って歩けそうなものだったが、それだけに地下に広がる別世界の恐ろしさがあった。映画では、最後の対決の後、ジャベルが身を投げる濁流のシーンが印象的。
ジャベル警部の出自は、子供向けの短縮版には描かれていなかったろう。ジャベルは敵役で、子供にとって共感の余地はなかったように思う。


戦後に前進座が全国津々浦々を巡った青年劇場運動の第一弾、第二弾が『レミゼラブル』の前後編。前編だけで1200ステージほどを上演している。
長十郎のジャン・バルジャン、翫右衛門らのジャベル。市長役で登場したバルジャンのフロックコートの隙間から金槌が覗いていたというのは、この時の話。出演者全員幕が閉まると舞台転換をしていたのである。
明治時代への翻案版『愛より哀へ』では、翫右衛門がバルジャンに当たる役を演じた。

ミュージカル版では、ガブローシュ少年がテナルジェの子供という設定はなくなっているが、それでもこの小さなスターは、充分にストーリーを引き締めて涙を誘う。
前進座版『レ・ミゼラブル』でガブローシュを演じたのが梅之助。どんな芝居だったか、観てみたくなったが、無論映像記録は残っていない。


にほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
このページのトップへ

7連発

リアルタイムで大河ドラマを見るのはいつ以来だろう。近年大抵の番組は、録画を二倍速で見るのが通常。
第二回は帰ると録画されているはずなのだが、一回飛ばして『八重の桜』第三回。
ゲベール銃、ミネェー銃、スナイドル銃、と幕末主役の座をめまぐるしく争った銃の名が交錯する。
 長州藩の軍師でもあった村田蔵六=大村益次郎を描いた『花神』で、覚えた名前である。

 会津・鶴ヶ城には、実物の重さに調整した木刀と木製の小銃が置いてある。短銃と真剣は持つ機会があったが、小銃の類は持たなかったので大いに参考になった。 本身、銃の重みの判る

数年前のハワイ公演の際、千穐樂を終えて、銃を体験してみた。現代の銃は照準を合わせると私のようなものにでも結構当たる。ということは、落ち着いて狙えば道の向こうの人くらい殺せるということ。改めて怖くなった。

田中好子女史没後まもなく再放送されていた『白虎隊』では、女史演じる八重が機関銃様のものを操っていたが、八重が使ったスペンサー銃は七連発。
本作の冒頭で描かれたように、日本の維新に最新兵器が投入されたのは、アメリカの南北戦争が終結して
武器が行き場を失った為。血で血を洗う内戦の犠牲の上に、新しい国が実ったのか、最終回で八重はどんな感慨を漏らすのだろうか。

にほんブログ村 演劇ブログ 役者へ
にほんブログ村
このページのトップへ

初代石川五右衛門

五右衛門のまじない札
Next『三人吉三』は、年末慌ただしいものになった。
何しろ、関さんは12月中旬まで、主催劇団ヘロヘロQカムパニー公演
『獄門島』金田一耕助に掛かりきりだった。
三時間出ずっぱりの芝居の直後、立ち稽古の途中、
台詞が怪しくなることもあった。

 大恩寺前で立回りの末、土左衛門傅吉に止めを刺して、
「え~っと、‶詰まらぬものを斬ってしまった‴じゃなくて…」
と言ったから、稽古場大爆笑。
これ、第二期以降の『ルパン三世』での、13代石川五右衛門の台詞である。
五右衛門グッズ

 歌舞伎では、朝鮮王朝を背景に秀吉を相対化する大立者。
『三人吉三』に採用された、庚申伝説、
庚申に生まれた子は大泥棒になる云々は、五右衛門に由来するともいう。

現実の矛盾や閉塞感を託したのか、歌舞伎の世界で泥棒人気は高い。
歴史的に実在が認めらたとはいえ、石川五右衛門の生涯は謎に包まれるから、
庶民の夢を盛るには格好の器。
 太閤の朝鮮出兵を阻止する為に暗殺を謀る、大河ドラマ『黄金の日日』の五右衛門は印象深い。
遠賀川水害の跡

 嘉穂劇場楽屋には彼方此方に‶十二月廿五日‴の札が逆に貼られている。
五右衛門の命日をサカに貼ると泥棒除けになるからだが、これ、時に十二月十二日が使われるし、
実は史実とされる処刑の日は、旧暦でも新暦でも十二月にはならない。
庶民の夢で膨れ上がった五右衛門さんの謎のひとつ。 
門松があるうちにうかがうのは初めて

 石川五右衛門に守られた嘉穂劇場での
三人の泥棒の物語、無事打ち出しました。
今日は大分。

 
にほんブログ村 演劇ブログ 歌舞伎へ
にほんブログ村
このページのトップへ

Search

Information

JAMIRA

Calendar

05月 « 2017年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。